オプトインアフィリエイトとは?≪副業基礎知識≫
Ryo

Ryoです^^

ネット副業に取り組んでいるとよく耳にするオプトインアフィリエイト。

悪質な業者のせいで、オプトイアフィリエイト自体を詐欺だと勘違いしてしまっている方もいると思います。

そこで今回は、出来る限り簡潔に解説したいと思います^^

オプトインとは何なのか?

アフィリエイトはご存知の方が多いと思います。

自分のブログやツイッターなどのSNSで商品を紹介して、売れたら紹介料として報酬が貰えるという流れです。

ではオプトイン(opt in)とは何かというと、直訳で「参加する」という意味になります。

ビジネスにおいてはメールやLINEなどの「受信許可」という意味で使用されます。

平成20年12月に法改正されて、オプトインを取っていないメールアドレスに広告・宣伝メールを送る事が禁止された為、メールで販売活動などをする際にはオプトインは必須となります。

Ryo

つまりオプトインアフィリエイトとは、メルマガetcを紹介する事によってその報酬をもらう手法です。

オプトインアフィリエイトの仕組み

仕組みとしては通常のアフィリエイトと同じで、ASP(アフィエイトサービスプロバイダ)に登録して、そこで紹介したい案件を選択して、自身のブログやSNSで紹介する流れになります。

通常のアフィリエイトと決定的に違うのは、無料オファーと呼ばれる無料メルマガやサービスを紹介するという点です。

報酬は300円〜500円程度が相場ですが、1件で1,500円など破格の案件も稀にあります。

通常のアフィリエイトと比較すると報酬は安いですが、無料登録してもらうだけで報酬が発生する為成約率は高くなります。

仮に1件500円だとしても、10人に紹介すれば5,000円になります。

10人に商品を購入してもらうのは中々ハードルが高いですが、無料メルマガならそこまで難しい話ではありません。

今ではメルマガよりもLINEの友達追加が増えていますが、こちらも同じく友達登録された件数分の報酬が発生します。

広告主は赤字にならないの?

ここで疑問に思う方がいるかもしれません。

広告主は無料メルマガ登録に紹介者報酬を支払って赤字にならないの?

当然ですが、利益にならない広告を出す人はいません。

ではどこで利益を回収しているかというと、メルマガの中で自分の教材やセミナーなどの有料サービスを販売する事で利益を得ています。

無料メルマガで有益な情報を提供し、信用を得ながらファンを増やして有料商品を買ってもらうという流れになります。

つまりオプトインアフィリエイターは成約率の高い無料オファーで稼げて、広告主は集めてもらった登録者に情報発信ができるというWIN-WINな関係になる訳です。

購入者もいきなり高額な副業教材やセミナーなどを購入するのではなく、まずは無料で情報発信が受けられるので良いことづくめです。

ですが、これを悪用した詐欺まがいの案件が多いのが現状です・・・

悪質なオプトインアフィリエイト

先ほど解説した流れはあくまでも理想です。

メルマガ登録者に有益な情報を発信してファンを増やして、有料教材で稼げるようにサポートする。

悲しい話、これが出来ている販売者は本当にごく僅かです。

現在ネット上にある無料オファーの99%は詐欺紛い。

1日5分の作業で月収100万円!などとあからさまな誇大広告で人を集めて、いざ数十万円の高額教材を購入したら1円も稼げない・・・

こんな副業案件ばかりです。

そして悪質なアフィリエイターが、こう言った詐欺案件を報酬欲しさにこれまた誇大広告で集める。

LINE登録して届く情報を選ぶだけで稼げる!などという案件はほとんどこれです。

例えばこういった副業案件↓

《リモカネ》オススメできる副業なのか?《知恵袋詐欺》

こう言った経緯があり、オプトインアフィリエイト=詐欺だと思ってしまう人が増えているんです。

まとめ

今回はあまり複雑にならないように、要点だけ解説しましたが大体こんな感じです^^

ポイントとしては

オプトインアフィリエイトとは無料オファーを紹介するアフィリエイト手法の事。

そして、その広告主は紹介して集めてもらった人に情報発信をしてファンを増やして、有料コンテンツを販売して関係を構築していく。

しかし現状は、詐欺紛いの無料オファーが多い。

そして報酬欲しさにその詐欺紛いの無料オファーを紹介しまくる悪質なアフィリエイターが後を絶たない・・・

こんな感じです。

無料だからと言って闇雲に登録すると詐欺被害に遭う可能性がある事に加えて、悪質なアフィリエイターの報酬に繋がり活動を助長してしまいます。

とは言え、優良な無料オファーも存在しています。

今だとこれ↓

1日5分で100万円とかくだらない事を言っている販売者との違いを体感してください^^

それでは。